お下がりのお洋服で溢れていませんか? + 昨日のコーディネート。

昨日の神戸は晴れて暖かく、過ごしやすい1日でした。
セーターにストールで出かけましたが、
ストールは、ほぼ必要ないくらいのぽかぽか陽気。

e0341072_18335484.jpg


ぽかぽか陽気の中、天王寺へ。

Step1. 『どうして片付かないの?』
(講師 荒木 佳代さん
のサポートに都築クレアさんと入らせていただきました。

e0341072_15244404.jpg

お悩みの一つ。
お下がりの洋服。


着てもらうのを待機している洋服でクローゼッットが溢れていませんか?



上のお子さんのものを下のお子さんに。
お友達から。
親戚から。


子どもの成長は早く、1年で着られなくなってしまう時期が何年かあります。
経済的にもお下がりは助かりますね。


子供が小さいうちはよく汚しますし、たくさん必要な気がするんです。

が。


何年も待機していて、結局着なかった。
ものが発見される!あっこんなところに・・・。


なんてことはありませんか?



娘に可愛いドレスやお洋服をいただいていたのに。
気がつくと大きくなってもう着れない( ̄▽ ̄)
いただいたまま、段ボールや紙袋に入れたまま・・・。

経験済みです。



なぜ放置してしまっていたのか?

片づけができておらす、何がどこにあるかわからなかった!
まだ着れないし。と思ってしまいこんで忘れていた!
心の中で、娘には自分の好みのものを新しく買って着せたい。と思っていた。

そんなところでしょうか?




ご家庭によって子どもの服の必要量は違うと思いますが、

洗濯しますし。
子どもも好みがあって着るものは限られている。
1シーズンでサイズアウト?
    ➕
新しいものを買うこともある?


そう考えると、たくさんのお下がりは必要ないのかもしれません。



いただく場合は必要なものを厳選する。
下の子にとっておくものも選ぶ。


日々の洋服。どういうものをどれだけ着ているのか?
どういうものがどれだけ必要なんだろう。
新しいものも買うのかな?買いたいかな?

一度考えてみると必要な量が分かってくるのではないかな〜
と思います。


そして、サイズが大きく今は着ないもの。
見えていないと忘れてしまう方は。(私です)

取りづらいけれど、いつも見えるところに、
クローゼットでなくてもok)
見えるようにサイズを書いて、収納。




譲ろうと思っている、
誰かにあげようかな〜と思っているもので収納が溢れている
場合も多いですね。


もうご家庭では必要の無くなった衣類は早めに家の外に出す

譲ろうと思っているものは、本当に必要なのか確認した上で。
(必要のないものは、かえって迷惑になる場合がありますので・・・。)

行き先の決まっていない
まだ綺麗で使えそうなものは、
リサイクルやフリーマーケットでもいいですね。

汚れがひどいもの破れのあるものは潔く捨てる。




私は娘が幼稚園に入り、娘の好みがはっきりとしてきた時から
お下がりをいただくのをやめました。


お下がりをもらわない。あげない。


それも一つの方法だと思います ^ ^



e0341072_08484434.jpg









今回のお片づけクラブは4回のシリーズです。
(スポット受講もしていただけます)


次回
Step2  『どうすれば片付くの?』
(講師 荒木佳代さん)

私に合った片づけ方法とは?


Step3 『ママだってもっとファッションを楽しもう!』
(講師 きたがわ なこ)
私が担当させていただきます。

自分の好きと似合うを知って素敵クローゼットに。
ご希望の方には、簡易骨格診断をさせていただきます。


Step4 『ラクしてもっと美しく!』
(講師 都築クレアさん)

ラクなのに美しく見える収納スタイルとは?





お申し込み受付中です。詳しくはこちらから⭐︎⭐︎⭐︎


お時間、ご興味ございましたらぜひお越しくださいませ。
お会いできますことを楽しみにしております。









ご覧いただきましてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックをして頂けますと嬉しく思います。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ











[PR]
by nanohana75 | 2016-11-23 18:43 | 講座